ネームコーリング効果

まずは、誰でもすぐに実践できる“ネームコーリング効果”からチャレンジ。読んで字の如く、会話中に相手の名前を呼ぶことです。

人は、“君”や“あなた”ではなく名前で呼ばれることで、相手に対して無意識に好印象を持つ心理が働きます

実際にアメリカで行われた“男女に15分の会話をさせた際、名前を呼ぶor呼ばないではどのように印象が変わるのか?”といった実験で、呼んだ方が遥かに好印象を持ったという結果が出ています。

当たり前のことのように見えますが、「恥ずかしくて相手の名前を呼べない…」という方が多いのも事実。チャットレディのお仕事をきっかけにチャレンジしてみましょう!

特に自分の配信に初めて来てくれた方への一発目の挨拶と別れ際の挨拶は、必ず「〇〇さん」と呼びましょう。ただし必要以上に連呼するのはNG。あくまでも会話の中で自然に使えるように努めましょう。

ツァイガルニク効果を駆使して駆け引き♡

男性は簡単に手に入る女性よりも、なかなか手に入らない女性の方が魅力的に見えてしまうそうです。

そこで使いたいのがツァイガルニク効果!これは、すでに完了した物事よりも未完了の物の方が記憶に残りやすいというもの。つまり、チャットレディのお仕事には“焦らし”が重要ということです。

例えば、テレビ番組で「続きはCMのあと!」とテロップが入りオチを引き延ばされたことで、より惹きつけられてしまった経験はありませんか?

チャットレディのお仕事も同じです。自分の手持ちの情報は一気に出すのではなく小出しにすることで、魅力的な自分が演出できるだけでなく、ネタが尽きることも防げます

例えば、
初回:「音楽を聞くのが好きで…〇〇さんはどんな曲を聞かれますか?」

~会話を楽しむ~

初回後のメッセージ:「〇〇さん、今日は来てくださってありがとうございました!先ほど話しきれなかった好きな曲がまだあるので、今度お話させてください♡」

など、思わず続きが気になってまた話したくなってしまうような流れに持っていきましょう。ツァイガルニク効果を応用することで、その先にあるものをより魅力的に見せることができます◎

“頼られると嬉しい”の気持ちに注目

女性に頼られたいという男性はとても多いです。普通の恋愛でも、彼女に頼られて嬉しくない男性はあまりいないのではないのでしょうか?

特に、チャットレディにハマる男性は、自分の持っている知識やうんちくを話したがる人が多い傾向にあります。男性客が得意とする分野が分かれば、それについて頼ってみるのも一つのテクニックです。

例えば家電マニアの方なら「そろそろパソコンを買い替えたいんですけど、家電のこと全然詳しくなくて…MacとWindowsどっちがおすすめですか?」など、相手の知識トークを引き出せるような会話を仕掛けてみましょう。

このネタ一つで、
・男性の頼られたい欲を刺激できる
・男性が持っている知識を存分に話せる
・女性に褒められて優越感に浸れる

…と、良いこと尽くしです。チャットレディ側も良い雰囲気で会話が広げられるのでお得ですよね。

まとめ

チャットレディで多くの男性客を獲得するのと、現実での恋愛面を充実されるテクニックは、実はかなり似ているのです。

今回ご紹介した、
ネームコーリング効果(あなたや君ではなく、相手の名前を呼ぶ)
ツァイガルニク効果(自分の情報を小出しにして、焦らしの先にあるものを魅力的に演出する)
“頼られると嬉しい”の気持ちに注目(相手の専門知識を引き出せるような頼り方がGood◎)

この3つを自然に使いこなせるようになれば、高収入チャットレディへの道も夢ではありません!基本的なことに見えますが、塵も積もれば山となるマインドで頑張りましょう。